HDDやSSDに合わせたデフラグの実行と最適化

 HDDのデフラグは断片化されたデータを一まとめにして、アクセス速度の向上させます。

 ところがSSDの場合、Windowsの標準搭載のデフラグでは効果が無く、SSDの寿命を縮めてしまいます。

 SSDには空き領域を連続させるデフラグが効果的で、これはフリーソフトを利用する必要がある点に注意です。


 HDDのデフラグの実行と最適化


1.Windowsの「スタート」⇒「コンピュータ」⇒デフラグしたいドライブを右クリック⇒「プロパティ」をクリックします。


2.「ツール」タブ⇒「最適化する」をクリックして、「ユーザーアカウント制御」が出たら「続行」をクリックします・


10.png


3.デフラグツール画面の「最終実行日時」または「最後の実行」を確認します。

 一か月以内に実行されていればデフラグの必要はありません。

 実行されていなければ、「今すぐ最適化」または「ディスクの最適化」をクリックします。

 「スケジュールの変更」または「スケジュールの構成」から、確実に実行される日時に変更する事も必要です。


11.png





この記事へのコメント


この記事へのトラックバック