ハードディスクをNTFS方式に変更する

 Windows XPは[NTFS](= New Technology File System)というハードディスクのファイルシステムが標準となっています。

 市販されているメーカー製のパソコンなどでは、Windows Me以前に採用されていた[FAT32](= File Allocation Table 32)というファイルシステムになっている場合があります。

 ちなみにWindows 95,98,Meで[NTFS]方式は使用できません。

 逆にWindows 2000,XPで[FAT32]方式を使用することはできます。

 [NTFS]方式のメリットとして[データの読み出しが速い][データの保存領域が効率的][耐障害性やセキュリティの面で優れている]などということがあげられます。

 [FAT32]方式のままでも使用上は特に問題ないのですが、さらなる高速・効率化を考えれば変換作業を実施しておきたいです。


1.[スタート]をクリックして、メニューから[プログラム → アクセサリ → コマンドプロンプト]を選択します。

 [Documents and Settings¥(ユーザー名)>]に続けて[convert(半角スペース)C:(半角スペース)/fs:NTFS]と入力します。


33.jpg


2.[ENTER]キーを押して完了です。


 メーカー製パソコンの場合[NTFS]方式変換により、一部機能が使えなくなる場合があります。

 事前確認をした後で変換するようにして下さい。







この記事へのコメント


この記事へのトラックバック