ディスク デフラグで断片化を解消する

 パソコンを使い続けデータの保存や削除を繰り返していくと、ハードディスクには[断片化]という現象が起きてきます。

 この[断片化]はデータを読み出す際の、速度低下を招いてしまいます。

 Windows XPはハードディスクにデータを保存する時、記憶領域の頭から順に空いている領域に保存していきます。

 逆にデータの削除はユーザーの都合によって操作されるので、頭から順に削除されるということはあり得ませんが、そこへサイズの大きなデータを書き込もうとするといくつかの空き領域に、こま切れに保存されてしまいます。

 このこま切れに保存されたデータを呼び出そうとすると、ハードディスクの複数の領域を参照しなくてはならないため、呼び出しまでの時間が長くなる。

 Windows XPに搭載されている[ディスク デフラグ]ツールを使えば、この[断片化]を解消することができます。


1.[スタート] をクリックして、メニューから[プログラム → アクセサリ → システムツール → ディスクデフラグ]を選択します。

 [ディスクデフラグツール]ウィンドウから[断片化]を解消したいドライブを選択して[最適化]をクリックします。

32.jpg


2.処理が開始されます。



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック