不要なフォントを削除する

 Windows XPにはさまざまな文字体を表示するために[フォント]ファイルが存在しますが、パソコンに新たにソフトをインストールすると同時に、新しいフォントがインストールされる場合が多々あります。

 Windows XPはこれらの[フォント]ファイルすべてを起動時に読み込むため、[フォント]ファイルが多ければ多いほど、起動に時間がかかります。

 必要のない[フォント]ファイルは削除してしまいたいところですが、中にはWindows XPのシステムで使用するフォントもあり、これらのフォントを削除してしまうと文字が表示されないなどの不具合が起きてしうこともあります。

 下記に削除しても問題のない[フォント]を書き出してみたいと思いますが、100%保障できるものではありませんので、不要と思われるフォントでも削除せずに、ひとつのフォルダにまとめて [マイ ドキュメント] などに保存しておくことをオススメします。


1.[スタート] をクリックし、メニューから[設定 → コントロールパネル]を選択し、[フォント]を選択します。

 たくさんの[フォント]ファイルが並んでいますが、空いているところで右クリックをしメニューから[表示 →大きいアイコン]を選択してアイコンを見やすくします。



( ○:削除可   △:場合によっては削除可   ×:削除不可 )




○ フォルダ内の一番最後にある 赤[A]7アイコン
 ファイル名が[WST]で始まっている7フォント。

 削除しても再起動すると復活するフォントもある。


26.jpg




× 上記以外の 赤[A]アイコン



× ファイル名が[MS]で始まっている  緑[TT]アイコン


27.jpg



△ ファイル名の始めに[MS]がつかない  緑[TT]アイコン

 Office系などのソフトインストール時に追加されたフォント。

 アイコンをダブルクリックしてみて必要のない字体であれば削除可。

 これらのフォントはサイズが大きいので削除すれば効果は大きい。





○ すべての 青[TT]アイコン

 古いOSなどで使われていたフォント。


28.jpg



△ すべての 緑[O]アイコン

 削除してもよいものもあるが、これらのフォントはサイズが非常に小さいので削除しても効果はほとんどない。



29.jpg

 これらのフォントを削除して問題が発生した場合、どのフォントを削除したことで問題が発生したのかは、なかなか判断が難しいと思いますので、[マイ ドキュメント] などに保存しておいた不要なフォントすべてをフォントフォルダに戻して下さい。




この記事へのコメント


この記事へのトラックバック