不要なWindows コンポーネントを削除する

 パソコンにWindows XPをインストールすると、同時に自動的にインストールされるソフトがあります。

 [アクセサリ] [ゲーム] ...などがそれにあたりますが、これらのソフトのことを総括して[Windows コンポーネント]と呼びます。

 それらのソフトの中で自分に不要なものがあれば、ハードディスクの容量を消費するだけになりますので、削除します。


1.[スタート]をクリックしメニューから[設定 → コントロールパネル]を選択します。

 [プログラムの追加と削除]を選択します。

 左メニューから[Windows コンポーネントの追加と削除]を選択します。



22.jpg


2.[Windows コンポーネント ウィザード]ウィンドウの、削除したいコンポーネントのチェックを外します。

 [詳細]ボタンがクリックできるものは、さらに削除するコンポーネントを細かく選択できます。

 表示されたウィンドウの、削除したいコンポーネントのチェックを外し[OK]をクリックします。


23.jpg


24.jpg



3.[Windows コンポーネント ウィザード]ウィンドウの[次へ]をクリックすると、アンインストールが開始します。

 処理が終わり「Windows コンポーネント ウィザードの完了」が表示されたら[完了]をクリックして終了です。



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック